ポケモンカード シールド(箱買い)開封結果を紹介

ポケモンカード

本記事の内容

  • 拡張パック「シールド」の開封結果

この記事では、実際に拡張パック「シールド」を箱買いした筆者が、開封結果を紹介します。

1ボックス(5枚入り30パック)の封入傾向

拡張パックを1ボックス(5枚入り30パック)まとめて購入した場合、どのシリーズでも同様に以下の傾向が見られます。

  • SR以上が1枚は確定。
  • 30パックのうち、半分の15パックはR以上が1枚封入されている。
  • 1パックの5枚の構成は、[U以上], [U], [C], [C], [C]。

文章で書いてもイメージしにくいかもしれませんが、R以上が15枚、Uが45枚、Cが90枚となります。

開封結果:拡張パック「シールド」(2020/3/14)

さっそく、拡張パック「シールド」の開封結果を発表します。

  • SR:1枚
  • RRR:1枚
  • RR:5枚
  • R:8枚(ポケモン7枚、サポート1枚)
  • U:45枚(ポケモン27枚、サポート3枚、グッズ12枚、特殊エネルギー3枚)
  • C:90枚

SR, RRR, RR, R

SRはマリィなどが欲しかったのですが、残念ながらカビゴンVでした。

拡張パック「シールド」は、ポケモンVMAX、Vにはそれほど期待しておらず、Rカード、Uカードのサポートが充実していたので購入しました。水デッキには欠かせない《モスノウ》、汎用カード《ヤレユータン》、汎用サポート《マリィ》が入っており、十分でしょう。

*基本炎エネルギーカードは枚数調整のために表示しており、今回の拡張パック「シールド」には封入されません。

U, C(ポケモン以外)

さすが拡張パック「シールド」と思わせるトレーナーズカードの充実ぶりでした。超汎用グッズの《クイックボール》が3枚、鋼デッキには欠かせない《メタルソーサー》が2枚、特殊エネルギーの《オーロラエネルギー》が3枚、人気サポートカードの《エール団のしたっぱ》が3枚、その他には《しあわせたまご》、《ふしぎなあめ》、《げんきのハチマキ》も封入されており、満足な内容でした。

*基本炎エネルギーカードは枚数調整のために表示しており、今回の拡張パック「シールド」には封入されません。
*ポケモンカードを最低一匹組み込む必要があるため、便宜上、今回封入された《ガラル ジグザグマ》を表示しています。

タイトルとURLをコピーしました