ポケモンカード タッグオールスターズ(箱買い)開封結果を紹介

ポケモンカード

本記事の内容

  • ハイクラスパック「タッグオールスターズ」の開封結果

この記事では、実際にハイクラスパック「タッグオールスターズ」を箱買いした筆者が、開封結果を紹介します。

1ボックス(11枚入り10パック)の封入傾向

ハイクラスパック「タッグオールスターズ」は、通常の拡張パックとは異なり、1年間に発売された人気カードが収録されています。ハイクラスパックを1ボックス(11枚入り10パック)まとめて購入した場合、以下のような構成になっているようです。通常の拡張パックよりも値段が高いこともあり、豪華な内容になっています。

  • 1ボックスにSR以上のカードが1枚は確定。
  • 1ボックスにSR仕様のエネルギーカードが1枚は確定。
  • TAG TEAM GXまたはポケモンGXが1パックに1枚封入。
  • ミラー仕様のエネルギーカードが1パックに1枚封入。
  • ミラー仕様のカードがランダムで封入。

開封結果:ハイクラスパック「タッグオールスターズ」(2020/3/14)

さっそく、ハイクラスパック「タッグオールスターズ」の開封結果を発表します。

  • TAG TEAM GX:5枚
  • ポケモンGX:6枚(SR1枚、通常5枚)
  • ポケモン:63枚(キラ仕様20枚、ミラー仕様6枚、通常37枚)
  • トレーナーズ:24枚(ミラー仕様3枚、通常21枚)
  • エネルギー:12枚(SR仕様1枚、ミラー仕様9枚、特殊エネルギー2枚)

TAG TEAM GX, ポケモンGX

デデンネGX(限定SRイラスト版)が封入されていました。SR枠については当たりですね。

ミュウツー&ミュウGX、オーロット&ヨノワールGX、ガブリアス&ギラティナGXは超パーフェクションデッキでも使われているカードで当たりだと思いますが、その他のTAG TEAM GX、ポケモンGXは使いにくいカードが多い印象です。《ピカチュウ&ゼクロムGX》が入っていなかったのが残念。。。

*基本炎エネルギーカードは枚数調整のために表示しています。

ポケモン(キラ仕様)

キラ仕様(通常販売当時はおそらくRランク)のカードは20枚入っており、1パックに平均2枚封入されていました。ジラーチ、アブソルといった汎用ポケモン、ボルケニオン、サンダー、ギラティナなどが使いやすそうです。

*基本炎エネルギーカードは枚数調整のために表示しています。

ポケモン(ミラー仕様)

ミラー仕様カードのコレクターというわけではないので、個人的にはあまり興味はないのですが、「タッグオールスターズ」で新たに収録された《ブースター》が入っていたのはよかったかなと思います。

*基本炎エネルギーカードは枚数調整のために表示しています。

トレーナーズ、特殊エネルギー

全体的に協力なサポート、グッズが多数封入されており、満足な内容です。《Uターンボード》、《エレキパワー》、《カスミ&カンナ》の3つは、ミラー仕様が1枚ずつ封入されていました。

*《マッチョギ》、《ツボツボ》は枚数調整のために表示しています。

タイトルとURLをコピーしました