ポケモンカード おすすめデッキ紹介~ホエルオーVデッキ~

ポケモンカード

ポケモンカード初心者の悩み

ポケモンカード初心者:強いデッキを作りたいけど、カードの種類が多すぎて、どうすればいいかわからないな。。。見本になるようなデッキがあればいいんだけど。。。それに、強いカードって高いよね。。。

この記事では、そんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • 今回は、ポケモンカード初心者向けの、お手頃価格で組める強いデッキをコンセプトに紹介していきます。
  • 2020年7月10日に発売したVスタートデッキ水の看板ポケモンであるホエルオーVをメインとした「ホエルオーVデッキ」を紹介します。

初代ポケモンカード(旧裏面)をプレイし、子育て世代になってポケモンカードに復帰した筆者が、対戦→デッキ改良→対戦→デッキ改良・・・を繰り返しながら蓄積したノウハウを公開しています。

第五回目の今回は、「ホエルオーVデッキ」について紹介します。
具体的なデッキレシピがわかるだけでなく、デッキの使い方を詳しく解説するので、あなたもデッキを使いこなせるようになります。

おすすめデッキ紹介~ホエルオーVデッキ~

ホエルオーVデッキとは?

2020年7月10日に発売したVスタートデッキ水の看板ポケモンであるホエルオーVをメインとした《ホエルオーV》を軸としたデッキです。

《ホエルオーV》は、Vポケモンでは最大となるHP280を誇り、エネルギーをトラッシュから最大3枚付けられる「くみあげる」、コイントスながら最大360ダメージを与えられる「オーシャンウェーブ」と攻守に優れた強力なポケモンです。

ホエルオーVデッキは、TSUTAYA鈴鹿さんで7月10日に開催されたジムバトルでも優勝しており、十分勝ち負けできる強さがありますし、Vスタートデッキをベースに作ることができるため、低予算でデッキ構築できる点も魅力です。

今回は、ジムバトル優勝デッキ@TSUTAYA鈴鹿さんをベースにして、さらに低予算で構築できるようにアレンジしたデッキレシピを紹介します。参考にしてもらえると嬉しいです。

ホエルオーVデッキ(ジムバトル優勝デッキ@TSUTAYA鈴鹿さん)

ホエルオーVデッキ(低予算アレンジ版)

デッキアレンジのポイント

①高額カード《ボスの指令》を《ポケモンキャッチャー》に変更

相手のベンチポケモンをバトル場に呼び出すことができる《ボスの指令》は、R(レア)カードでありながら、あらゆるデッキに使われる超汎用カードであるため、2000~3000円と非常に高額になっています。そのため、コイントスは必要になるものの、Vスタートデッキに入っている《ポケモンキャッチャー》で代用するのが、初心者の方にはオススメです。

②高額カード《クロバットV》は見送り

特性「ナイトアセット」により手札が6枚になるまで山札を引くことができる《クロバットV》は、非常に汎用性の高いカードであることと、人気デッキであるムゲンダイナVMAXデッキで4枚使用するカードであるため、2000~3000円と非常に高額なカードです。ドロー系カードは《博士の研究》、《マリィ》、《デデンネGX》でも十分な安定感を出せますので、お手頃デッキでは《クロバットV》の採用は見送りました。

③《タフネスマント》を《大きなおまもり》に変更

《タフネスマント》は「たねポケモン」限定のグッズですが、HPが50アップするポケモンのどうぐです。持っていない場合は、Vスタートデッキ水に入っている《大きなおまもり》で代用するのが良いと思います。《大きなおまもり》の場合、HPは30アップにとどまりますが、「たねポケモン」だけでなく、「進化ポケモン」にも効果があります。ただし、このデッキの「進化ポケモン」である《モスノウ》に《大きなおまもり》を付けるシーンはあまりなさそうではありますが。

ホエルオーVデッキの戦い方

①じゃんけんで勝てたら「後攻」を選ぶ

このデッキは1ターン目に《ホエルオーV》のワザ「くみあげる」を使って、《ホエルオーV》に水エネルギーが4枚付いた状態にして、2ターン目にワザ「オーシャンウェーブ」で相手を攻撃していくことを狙います。そのため、じゃんけんで勝てたら、「後攻」を選んでください。

②1ターン目は「くみあげる」につなげることがポイント

1ターン目は、《ホエルオーV》の「くみあげる」でエネルギー加速をして、2ターン目から「オーシャンウェーブ」で攻撃できるような準備をしていきます。トラッシュに水エネルギーを送って「くみあげる」につなげることがポイントとなりますので、《クイックボール》、《博士の研究》、《デデンネGX》で必要なカードを揃えつつ水エネルギーをトラッシュに送っていきましょう。

  • 最初にバトル場に出すのは《ホエルオーV》が望ましい。
  • バトル場の《ホエルオーV》に水エネルギーを1枚つける。
  • トラッシュに水エネルギーを3枚送る。(2枚でも可)
  • 《ユキハミ》をベンチに出す。
  • 《大きなおまもり》をバトル場の《ホエルオーV》につける。(必須ではない)
  • ワザ「くみあげる」を使ってトラッシュの水エネルギー3枚(2枚でも可)を《ホエルオーV》につける。

③2ターン目は《モスノウ》の「ひょうせつのまい」でエネルギー加速

2ターン目から《ホエルオーV》で攻撃していくのですが、同時に2匹目、3匹目の《ホエルオーV》を育てていきます。2匹目以降の《ホエルオーV》にエネルギーを付けるときに「くみあげる」をしている余裕はないため、《モスノウ》の特性「ひょうせつのまい」でエネルギー加速をすることがポイントです。3ターン目以降も同様です。

  • 《ユキハミ》を《モスノウ》に進化させる。
  • 《モスノウ》の特性「ひょうせつのまい」で、ベンチの《ホエルオーV》に水エネルギーを付けて、2匹目、3匹目の《ホエルオーV》を育てる。
  • スタジアムカード《ルミナスメイズの森》を出す。
  • ワザ「オーシャンウェーブ」を使って攻撃する。

採用カードの集め方

①Vスタートデッキ水を4パック購入

このデッキのメインカードである《ホエルオーV》が4枚必要となるため、まずはVスタートデッキ水を4パック購入します。Vスタートデッキ水を購入すると、《ホエルオーV》だけでなく、《たっぷりバケツ》、《ポケモンいれかえ》、《ポケモンキャッチャー》、《大きなおまもり》、《博士の研究》、《マリィ》、《基本水エネルギー》が集まります。2000円(税別)でデッキの主力カードが揃うので、非常にリーズナブルだと思います。

②Vスタートデッキでグッズを集めるのが効率的

Vスタートデッキ水に入っていないカードのうち、《クイックボール》、《しんかのおこう》、《ふうせん》は人気カードですので、ほかの種類のVスタートデッキを購入して手に入れるのが効率的です。《クイックボール》は、Vスタートデッキ雷Vスタートデッキ鋼Vスタートデッキ闘の3種類から4パックを、《しんかのおこう》と《ふうせん》は、Vスタートデッキ超1パックから手に入れましょう。合計5パック購入するため、2500円(税別)となります。汎用カードが手に入るので買っておいて損はないと思います。

《クイックボール》:Vスタートデッキ雷Vスタートデッキ鋼Vスタートデッキ闘
《しんかのおこう》、《ふうせん》:Vスタートデッキ超

③Vスタートデッキで手に入らないカードは、シングル購入がオススメ

Vスタートデッキに入っていないのは、《モスノウ》×3枚、《ユキハミ》×3枚、《デデンネGX》×2枚、《ポケモン通信》×2枚、《エネルギー回収》×2枚、《ルミナスメイズの森》×3枚です。

この中で、《デデンネGX》が800~1000円と少し高いカードですが、全部で3000円程度(税別)になります。《デデンネGX》《ポケモン通信》《エネルギー回収》は、どのデッキにも入れるような汎用カードなので、このタイミングで買っておいて損はないと思います。

タイトルとURLをコピーしました