ポケモンカード 伝説の鼓動(箱買い)開封結果を紹介

ポケモンカード

本記事の内容

  • 強化拡張パック「伝説の鼓動」の開封結果

この記事では、実際に強化拡張パック「伝説の鼓動」を購入した筆者が、開封結果を紹介します。

1ボックス(7枚入り20パック)の封入傾向

強化拡張パック「伝説の鼓動」は、シールド戦である「リザードンHR争奪戦」で使用される拡張パックであるため、通常の5枚入り拡張パックとは封入傾向が大きく異なります。

  • すべてのパックに「キラ」カードが1枚は封入。
  • 1ボックスにAR(アメイジングレア)が1枚は封入。
  • VMAXカードが封入されているパックには、進化前のVカードも併せて封入されている。
  • パック7枚のうち、上から3枚がC、真ん中がキラ、下から3枚がU。(VMAX、Vポケモンが封入されたパックは、5枚目がVMAX)

開封結果:強化拡張パック「伝説の鼓動」(2020/8/1)

さっそく、強化拡張パック「伝説の鼓動」の開封結果を発表します。

  • AR:1枚
  • UR:1枚
  • SR:1枚
  • RRR:2枚
  • RR:4枚
  • R:13枚
  • U:58枚(ポケモン38枚、サポート7枚、グッズ9枚、特殊エネルギー4枚)
  • C:60枚

AR

今回から初登場のAR(アメイジングレア)は、《ザマゼンタ》でした。《ジラーチ》、《ライコウ》狙いでしたが、しょうがないですね。

UR

URは必ず入っているわけではないと思うので、おそらく当たりだと思います。《タフネスマント》がシールド戦で使えると、結構有利だと思いますね。

SR

SRは《マホイップV》でした。イラストがきれいなので、人気があるみたいですね。

RRR, RR, R

《マホイップVMAX》、《マホイップV》のペアが1組、《セキタンザンVMAX》、《セキタンザンV》のペアが1組、《ザルードV》、《ハガネールV》が封入されていました。

Rは、トルネロス以外の11種類が入っており、ほぼ偏りなく封入されていました。ディアルガは「スタンダードルール」でも、《ジュナイパー(みつりんめいさい)》対策として活躍できそうな性能ですので、使っていきたいですね。

*基本フェアリ―エネルギーカードは枚数調整のために表示しており、今回の強化拡張パック「伝説の鼓動」には封入されません。

U, C(ポケモン以外)

シールド戦をで使用される拡張パックということもあり、汎用カードの再録がいくつかあります。シールド戦においては、グッズ、サポートがたくさん出てくれるとプレイの幅が広がるため助かります。
スタンダードレギュレーションで使用したいカードはあまりないのですが、ストーン闘エネルギーは注目カードですので、ゲットできてよかったです。

*基本フェアリ―エネルギーカードは枚数調整のために表示しており、今回の強化拡張パック「伝説の鼓動」には封入されません。
*ポケモンカードを最低一匹組み込む必要があるため、便宜上、今回封入された《デデンネ》を表示しています。

タイトルとURLをコピーしました