【ポケカ】Vスタートデッキを改造しよう! ~ルカリオV 闘デッキ編~

ポケモンカード

ポケモンカード初心者の悩み

ポケモンカード初心者:Vスタートデッキでしばらく遊んでみたから、そろそろデッキを改造してみたいな。でもどうやってデッキを改造したらいいんだろう?

この記事では、そんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • 2020年7月10日に発売したVスタートデッキの中で、おすすめデッキの1つである「Vスタートデッキ闘 ルカリオ」を使って、デッキ改造をしていきます。

初代ポケモンカード(旧裏面)をプレイし、子育て世代になってポケモンカードに復帰した筆者が、対戦→デッキ改良→対戦→デッキ改良・・・を繰り返しながら蓄積したノウハウを公開しています。

これからポケモンカードを始めようとしている方は、最初に買うべきカード、デッキ改造の具体的な方法がわかり、スムーズにポケモンカードライフをスタートできるようになります。

「Vスタートデッキ2個買い」のメリットとは?

Vスタートデッキとは?

「Vスタートデッキ」は、2020年7月10にに発売した500円(税別)でポケモンカードバトルがすぐに楽しめる構築済みデッキです。草・炎・水・雷・超・闘・悪・鋼・無色の9タイプがあり、これからポケモンカードを始めようとしている方に最適なデッキとなります。9タイプの中で、私がオススメするタイプとその理由は、別記事で詳しく説明しているので、良かったら参考にしてください。

なぜ、Vスタートデッキを2個買うと良いのか?

どんなデッキにも使える汎用カードが4枚手に入る

Vスタートデッキをベースにしてデッキを改造していく場合、まずオススメしたいのは、同じVスタートデッキを2個購入することです。「Vスタートデッキ2個買い」を進める一番の理由は、どんなデッキにも必要となる汎用カードが4枚ずつ手に入ることです。

Vスタートデッキを購入すると、どの9タイプを選んでも以下の16枚が共通して入っています。この中で、《ポケモンいれかえ》、《博士の研究》、《マリィ》はどんなデッキでも使われるカードですし、《スーパーボール》、《ポケモンキャッチャー》はポケモンカードを始めた当初は凄く重宝するカードです。これらのカードが2枚ずつだと枚数不足になるため、デッキに入れられる同一カードの最大枚数である4枚ずつをこの段階で入手しておくのがおすすめです。

看板ポケモンであるVポケモンが2枚になる

Vスタートデッキには、パッケージのデザインになっている看板ポケモンが、Vポケモンとして1枚ずつ封入されています。Vポケモンは、通常のポケモンと比べてHPが高く、強力なワザを使うことができるため、デッキの主力となるポケモンです。主力となるVポケモンが1枚だと、なかなか引けないこともありますし、倒されると後続が続かなくなるので、2枚あるとひとまず安心です。

ポケモンの種類を絞ることができる

Vスタートデッキには、各デッキ10種類近くのポケモンが封入されており、強いポケモンだけでなく弱いポケモンが混ざっています。Vスタートデッキを2個使った場合、弱いポケモンを強いポケモンに交換することで単純にパワーアップが可能です。また、進化ライン(たねポケモン、1進化ポケモン、2進化ポケモン)の組み合わせが複数あると、なかなか必要な進化カードが手札に揃わないという事態が起こりやすいので、ポケモンの種類、進化ラインの種類を減らすことでデッキが安定します。

「Vスタートデッキ闘 ルカリオ」を使ったデッキ改造

ここからは、「Vスタートデッキ闘 ルカリオ」を使って、デッキ改造を進めていきます。「Vスタートデッキ闘 ルカリオ」は別記事でも紹介しているように、Vスタートデッキの中でオススメしているデッキの一つです。

Vスタートデッキ闘(デフォルト)

「Vスタートデッキ闘 ルカリオ」を購入すると、これら60枚が封入されています。

Vスタートデッキ闘 2個買い ~合計費用:1000円(税別)~

「Vスタートデッキ闘 ルカリオ」を2箱使って作ったデッキがこちらになります。どのように改造していったか順を追って説明していきます。

ポケモン

まずは、ポケモンからです。主力となる《ルカリオV》はノータイムで2枚確定です。Vポケモンは性能が高いので、迷わず2枚入れましょう。

次に、ワザ『ひでり』、『ふるえるだいち』ともに強力な《グラードン》は4枚入れてみます。『ひでり』は、手札にある闘エネルギーをポケモン1匹に2枚付けられる効果があります。ポケモンカードでは、エネルギーは原則1ターンに1枚しか付けられないため、追加で付けられるというのは有利にゲームを進められることになります。『ふるえるだいち』は次のターンには使えないですが、130ダメージ与えられるので、たねポケモンのワザとしては十分な性能です。

《ヤンチャム》、《ゴロンダ》の進化ラインは、全体的にエネルギー効率が悪い(ワザに必要なエネルギーが多いのに、ダメージが低い)ので不採用です。

《イワンコ》、《ルガルガン》の進化ライン、《スナヘビ》、《サダイジャ》の進化ラインどちらにするかは悩むところですが、エネルギー1つで130ダメージを連チャンできる可能性がある『とぐろをまく』が使いやすい『サダイジャ』を採用しました。最終的な採用枚数は、『スナヘビ』3枚、『サダイジャ』2枚にしていますが、これは他のカードとの調整で決まりました。

《エビワラー》は、ヒット&アウェイが序盤に便利なこともあり、2枚入れています。たねポケモンはデッキタイプにもよるのですが、おおよそ10枚程度入れておきたいので、枚数調整も兼ねて採用です。

サポート

ドローサポート(山札からカードを引いてこれるサポートカード)は、デッキに10枚強は入れておきたいので、『博士の研究』、『マリィ』、『ホップ』を4枚ずつ採用しています。じゃんけんに自信のある方は、『ホップ』を『ダンペイ』に変更してもOKです笑

『ポケモンごっこ』は、どんなポケモンでも山札から1枚持ってこれるので強力ではあるのですが、1ターンに1回しかない貴重なサポート権(サポートカードを使う権利)を使ってしまうので、ドローサポートを優先することになります。ただし、Vスタートデッキには、ポケモンをサーチするカードが少なめということもあり、1枚だけ採用しておきます。

グッズ

《クイックボール》が入っているのが「Vスタートデッキ闘 ルカリオ」の魅力の一つです。《クイックボール》は非常に便利なカードなので、2枚とも投入です。使ってみると、このカードの便利さに気づくと思います。

ポケモンをサーチできるカードが少ないので、《スーパーボール》は4枚投入します。山札の上から7枚からしかサーチできないのですが、たねポケモン、進化ポケモンの両方をサーチできるので、ポケモンカードを始めた当初は重宝するカードです。

《ポケモンいれかえ》は、バトル場とベンチのポケモンを入れ替えることができるカードで、4枚投入でよいでしょう。ポケモンを入れ替える方法としては、エネルギーをトラッシュして「にげる」方法もありますが、1ターンに1枚しか付けられないエネルギーカードをトラッシュするのは、攻撃チャンスを減らすことに繋がるため、《ポケモンいれかえ》は活躍するカードです。また、「ねむり」、「マヒ」状態の場合、「にげる」ことはできないのですが、《ポケモンいれかえ》ならばポケモンを入れ替えることができるので非常に便利です。

《ポケモンキャッチャー》は、コインで表を出す必要がありますが、相手のベンチポケモンを強制的にバトル場に引きずり出せるので非常に強力なカードです。あと少しダメージを与えれば倒せる状態のポケモンに逃げられた後に、追撃してきっちり倒しきることができますし、準備の整っていない(エネルギーのついていない)ポケモンを引っ張り出すことで、相手に一方的に攻撃できるなど、様々な状況で使うことができます。実はサポートカードに、《ボスの指令》というカードがあり、サポート権を使う代わりにコイントスなしで同じ効果を得ることができるのですが、最初は《ポケモンキャッチャー》でいいかなと思います。《ボスの指令》は、再録されて値段は落ち着きましたが、それでも1000円弱はするので、本格的にカードを増やしていきたくなった段階で、《ボスの指令》を集めればいいかなと思います。

《リセットスタンプ》が入っていることも、「Vスタートデッキ闘 ルカリオ」の魅力の一つです。カードテキスト文が少しわかりにくいですが、例えば「自分のポケモンが4体倒されて、相手のサイドが2枚の場合、相手は手札をすべて山札に戻してシャッフルした後に、2枚だけカードを引く」というカードです。つまり、ゲーム終盤にこのカードを使うと、相手の手札を極端に減らすことができ、相手がやりたいことをできずにいる間に、逆転してしまうことも可能なカードになります。非常に強力なカードなので、2枚投入しておきましょう。

《しあわせたまご》は、ポケモンに付けて使う「ポケモンのどうぐ」で、自分のポケモンが「きぜつ」したときに、手札枚数が7枚になるようにドロー可能です。2枚投入したかったですが、全体調整の中で1枚になってしまいました。

スタジアム

Vスタートデッキ9タイプの中で、草、闘にはスタジアムカードが入っています。スタジアムカードは、相手が新たにスタジアムカードを出すまでは場に残り続けるカードで、効果を継続して使うことができるので便利なカードです。《格闘道場》は、基本闘エネルギーがついているポケモンのワザのダメージを10アップさせることが出来、相手にリードされている場合には40アップさせられる強力なスタジアムカードです。闘デッキには必ず入れたいカードで、ここでも2枚投入しましょう。

シングルカードを追加購入 ~合計費用:1220円(税別)~

*ここからは、レギュレーション変更により、スタンダードレギュレーションでは使えなくなったエキスパンションマーク「B」のカードが含まれていますので、デッキ改造の参考程度にご覧ください。

「Vスタートデッキ闘 ルカリオ」を2箱使うことで、1箱の時からは大幅にデッキの質が高くなったのですが、「少し物足りない打点」、「ホップのドロー枚数の少なさ」、「ワザに必要なエネルギーカードの多さ」が気になったので、シングルカードを購入して改良してみました。

合計費用:1220円(税別)
 Vスタートデッキ闘 500円×2個
 ディアンシー◇ 80円
 シロナ 20円×4枚
 くろおび 20円×3枚

ディアンシー◇(プリズムスター)で打点アップ

《ディアンシー◇》は、デッキに1枚しか入れられないカードですが、特性『プリンセスエール』が強力なポケモンです。『プリンセスエール』は、《ディアンシー◇》がベンチにいるだけで、自分の闘ポケモンが使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージが「+20」される特性です。ベンチに置いておくだけでワザの威力が20アップするので、闘デッキには必ず入れたいカードになります。《ルカリオV》を使っていて、若干打点不足を感じたので、《ディアンシー◇》を採用することにしました。
ただし、《ディアンシー◇》はレギュレーションマークが「B」なので、スタンダード落ち(スタンダードレギュレーションで使えなくなる)してしまう可能性があるので注意が必要です。公式からは現在のところ未発表ではありますが、早ければ年内にはスタンダード落ちになるというのが、ポケカユーザーの中では定説になっています。そういう状況ではありますが、今の間に使い倒せばいいかなと思い、新たに購入しました。(実は、ルカリオVが登場するまでは闘タイプに興味がなく、ディアンシー◇は持っていませんでした。。。)
私は、個人的に愛用しているホビーショップさんの店舗で《ディアンシー◇》を購入したのですが、80円(税別)という非常にお手頃価格で販売されていました。カードショップだと比較的安く購入できるのですが、ネット販売だと値下がりしきっていないようですので、皆さんの予算と相談しながら購入を検討してみてください。

シロナでドロー枚数を増加

Vスタートデッキに入っている《ホップ》は、山札から引ける枚数が3枚と少なめなので、《博士の研究》、《マリィ》と比べて少し物足りなさがあります。そこで、《シロナ》を採用することにしました。《シロナ》は手札をすべて山札に戻す必要がありますが、山札から6枚ドローすることができるため、デッキの周りを良くすることができます。
ただし、《シロナ》も《ディアンシー◇》と同様にレギュレーションマークが「B」なので、近々スタンダード落ち(スタンダードレギュレーションで使えなくなる)してしまう可能性があり、注意が必要です。
スタンダード落ちが近いと言われていることもあり、《シロナ》も安価で手に入りやすくなっています。私は、個人的に愛用しているホビーショップさんの店舗で購入したのですが、ストレージに入れられており、20円(税別)という非常にお手頃価格で販売されていました。

くろおびでワザの必要枚数を減らす

《ルカリオV》の『ビートスマッシュ』、《グラードン》の『ふるえるだいち』、《サダイジャ》の『ロケットずつき』がいずれも3エネ(エネルギー3つ)必要なワザですので、苦しい場面になるとエネルギー供給が追い付かなくなる場合が出てきます。そこで、《くろおび》を採用することにしました。
《くろおび》は、相手のサイド枚数が少ない場合に効果を発揮するグッズ(ポケモンのどうぐ)で、ワザに必要な闘エネルギーが一つ減ります。そのため、3エネ必要な『ビートスマッシュ』、『ふるえるだいち』、『ロケットずつき』が2エネで使えることになり、劣勢状態でもエネルギー供給を間に合わせられる場面が出てくると思います。レギュレーションマークは「C」なので1年以上は使えるカードですし、結構安価で販売されていますので、採用を検討されてはいかがでしょうか。
私は、個人的に愛用しているホビーショップさんの店舗で購入したのですが、ストレージに入れられており、20円(税別)という非常にお手頃価格で販売されていました。

あとがき

今回は、「Vスタートデッキ闘 ルカリオ」を使って、デッキ改造をしてみました。実際に、デッキ改造→対戦→さらにデッキ改造というのを繰り返しながら、デッキがブラッシュアップされていく流れを、少しはイメージいただけたかと思います。私が今回紹介したのは、あくまでも一例ですので、皆さんもぜひ自分ならではのデッキ改造を楽しんで貰えればと思います。

タイトルとURLをコピーしました