【ポケカ】強化拡張パック「双璧のファイター」注目カード

ポケモンカード

本記事の内容

  • 強化拡張パック「双璧のファイター」の注目カード紹介

2021年3月19日発売予定の「強化拡張パック 双璧のファイター」に収録される全カードが公開されました。今回の拡張パックは、強力な「いちげき」のカード、「れんげき」のカードが新たに追加されており、楽しみな拡張パックになっています。発売前段階ですが、筆者が注目しているカードを紹介していきます。

初代ポケモンカード(旧裏面)をプレイし、子育て世代になってポケモンカードに復帰した筆者が、対戦→デッキ改良→対戦→デッキ改良・・・を繰り返しながら蓄積したノウハウをもとに、ポケモンカードに関する情報を公開しています。

強化拡張パック「双璧のファイター」注目カード

ポケモン

バシャーモVMAX

高性能な「れんげき」のVMAXポケモン。

ワザ「ダイブレイズ」は、無色エネルギー2個で使えるため、《れんげきエネルギー》に対応しています。

ダメージが130と威力は控えめですが、自分のベンチの「れんげき」のポケモン2匹にトラッシュからエネルギーを1枚ずつ付けることができます。基本エネルギーだけでなく、特殊エネルギーも付けることが出来るため、《れんげきエネルギー》を加速することもでき、1回使うだけでかなりのエネルギーを付けることが出来ます。

攻撃力のあるアタッカーと組みたいところですが、進化前のバシャーモが210ダメージを出せるので、「ダイブレイズ」+「ほのおのうず」で340ダメージとなり、VMAXポケモンも倒せますね。

バシャーモV

《バシャーモVMAX》の進化元となるカード。《バシャーモVMAX》がワザの威力が控えめなので、このポケモンの「ほのおのうず」も使っていくことになると思います。

ワザ「ほのおのうず」は4エネ210なので、始動に時間がかかるのかと思いましたが、炎炎無無というエネルギー要求のため、《溶接工》で炎エネルギーを2枚、《れんげきエネルギー》を手張りとすることで、場に出したそのターンから210ダメージを出すことも可能です。

《バシャーモV》、《バシャーモVMAX》で完結しているため、デッキとしても組みやすそうです。

ガラルヤドキングVMAX

一撃じゃない、「いちげき」のVMAXポケモン。

ワザ「ダイゲキドク」は、2エネで10ダメージで相手をどく状態にするワザ。このどくではダメカンを12個のせるため、攻撃ターンには130ダメージ、相手のバトルポケモンがベンチに戻れない場合にはさらに120ダメージとなります。《いちげきエネルギー》を使うことで、攻撃ターンのダメージは150~170あたりになりそうです。

相手のバトルポケモンにベンチに戻られないように、《リセットスタンプ》、《マリィ》で相手に《ポケモンいれかえ》を引かせないようにするとか、スタジアムカードの《ガラル鉱山》と組み合わせて相手のバトルポケモンをにげにくくするといった戦術が有効そうです。

ガラルヤドキングV

《ガラルヤドキングVMAX》の進化元となるポケモン。進化させて使うことが前提だと思います。

ワザ「はめつのひとこと」は、次の相手の番の終わりにこのワザを受けたポケモンをきぜつさせられるという面白い効果がありますが、まぁ逃げたり、《ポケモンいれかえ》されたりしますよね。

ガラルサンダーV

ムゲンダイナVMAXを倒すために設計されたようなポケモン。

ワザ「らいめいげり」は、4エネ(闘無無無)170ダメージですが、特性「とうそうほんのう」があるため、状況によっては闘エネルギー1枚で攻撃することが可能になります。さらに、ダメージを与える前に相手の特殊エネルギーを1個トラッシュできるため、《ウィークガードエネルギー》が付いていたとしても、弱点込みで《ムゲンダイナVMAX》をワンパンすることができます。

《オーロラエネルギー》を入れておけば、闘デッキ以外にも入れられるカードですので、今後活躍が期待できそうです。

ガラルファイヤー

ムゲンダイナVMAXデッキにとって待望の、お手軽なエネルギー加速手段が登場しました。特性「じゃえんのつばさ」によって、トラッシュのあくエネルギーをこのポケモンにつけることができます。

ムゲンダイナVMAXデッキは、2エネ(悪無)でワザ「ドレッドエンド」を打つことができますが、2進化ポケモンの《サザンドラ》、コイントスが必要な《ターボパッチ》、味方がきぜつしたタイミングでしか効果を発揮しない《学習装置》くらいしかエネルギー加速手段がないことから、エネルギーをトラッシュされた場合に起動が遅れてしまう弱点がありました。

《ガラルファイヤー》と《エネルギーつけかえ》を組み合わせるだけで、すぐに《ムゲンダイナVMAX》がワザを打てるようになるので、強化ポイントだと思います。

ナゲツケサル

「れんげき」ポケモンのベンチ攻撃を強化する特性「スローイングコーチ」が強力。このポケモンがいるかぎり、「れんげき」のポケモンが使うワザの相手ベンチの「ポケモンV・GX」へのダメージが+30されます。

これまで、《れんげきウーラオスVMAX》のワザ「キョダイレンゲキ」は、《望遠スコープ》をつけても150ダメージだったので、《デデンネGX》を倒せず、微妙に打点が足りていなかったのですが、特性「スローイングコーチ」を合わせると180ダメージになり、《デデンネGX》だけでなく《クロバットV》も倒せるようになるので、このカードは重要になってくると思います。

ハブネーク

このターンに「いちげき」のサポートを出して使っていたら、3エネ(悪悪無)180ダメージを与えられるたねポケモン。

《いちげきエネルギー》にも対応しているため、《ヘルガー》の特性「いちげきのほうこう」を使えば、即起動できて200前後のダメージを出すことが出来るため、なかなか面白いポケモンだと思います。

ミカルゲ

環境デッキ「マッドパーティ」のメタカード。ワザ「もうじゃのさけび」は、相手のトラッシュにあるポケモンの枚数分のダメカンを相手のポケモンに好きなようにのせ、さらに相手のトラッシュにあるポケモンをすべて相手の山札に戻します。

マッドパーティは、ポケモンを大量にトラッシュに送ってワザの威力を出すデッキですし、ポケモンのHPも低いため、1回「もうじゃのさけび」を使われると、自分の場が壊滅状態になった挙句、次のターンから攻撃の威力もなくなるという状況です。

《ミカルゲ》の収録でマッドパーティが減る→マッドパーティ対策をしないデッキが徐々に増える→ノーマークだったマッドパーティが大会で活躍する。というように環境が回る状況にならないと、マッドパーティはかなり苦しくなりますね。

サポート

トウキ

自分の山札から「れんげき」のたねポケモン3枚をベンチに出すことができるカード。

効果自体は強力で、序盤に使えればポケモンを一気に展開できるのですが、現在のカードプールでは、サポートカードを序盤に確実に持ってこられるカードがないため、欲しいときに手に入らないという状況になりそうです。

「れんげき」のカードですので、《オクタン》の特性「れんげきサーチ」でサーチはできるのですが、《オクタン》を場に出すための《テッポウウオ》を持ってくるために《トウキ》を使いたいわけで、なんとも嚙み合わせが悪い印象です。

今後、このカードをサーチしやすい環境になればという印象です。

カリンの信念

「いちげき」のポケモン限定になりますが、ブラックホワイト環境で使われていた《アイリス》の2倍の効果を持つカード。相手がとったサイド枚数×20ダメージアップさせるため、最大100ダメージアップも狙えるカードです。

ゲーム終盤に使いたいカードで、今回登場するいちげきのカード《おむかえちょうちん》を使うことでトラッシュから手札に持ってこれるため、序盤にはトラッシュ送りにしてしまっても問題なさそうです。

ゲーム終盤に、「《カリンの信念》を引けたら勝ち!」とか、「《おむかえちょうちん》を引けたら勝ち!」みたいな展開が今後出てきそうです。

クララ

トラッシュからポケモンを2枚まで、基本エネルギーを2枚まで選び手札に加えられるサポートカード。

グッズの《ふつうのつりざお》が山札に戻すのに対し、サポートの《クララ》は手札に直接戻すことが出来るのが異なる点です。

個人的には、1ターンに1回しか使えないサポート権を使わなくてよい《ふつうのつりざお》の方が使い勝手がいいかなと思います。

グッズ

やまびこホーン

「れんげき」デッキだけでなく、あらゆるデッキで重宝されることになると考えられるカード。相手のトラッシュから、たねポケモン1枚を相手のベンチに出すことができます。

なんとも恐ろしいカードで、デデンネGX、クロバットVのようなHPが低いけどサイドを2枚取れるポケモンを再び呼び出して倒すこともできますし、HP120以下のポケモンを相手のベンチに呼び出してワザ「キョダイレンゲキ」の対象として選ぶことができるなど、多種多様な使い方が想定されます。

これまでは、ベンチに出したくないポケモンはトラッシュに送っておけばOKという感じでしたが、このカードがカードプールに存在しているだけでプレイ難易度が高くなりそうです。

おむかえちょうちん

自分のトラッシュから《いちげき》のサポートを1枚選び、手札に加えることができるカード。

このカードで現状回収できるカードは、「シバ」、「マスタードいちげきのかた」、「カリンの信念」の3枚。「カリンの信念」をゲーム終盤に回収できるのがいいかなと思います。

今後、「いちげき」のサポートカードが増えてくると、段々このカードが強く使えるようになってくると思います。

ガラルのむねあて

「ガラル」とつくポケモンが相手のポケモンから受けるワザのダメージを「-30」してくれるグッズ。

現状、「ガラル」とつくポケモンで高耐久のポケモンがいないため、このカードが活躍しにくいですが、今後耐久力のある「ガラル」ポケモンが出てきたら、使われるようになってくると思います。

あとがき

今回は、2021年3月19日発売予定の「強化拡張パック 双璧のファイター」に収録される注目カードを紹介しました。最近のポケモンカード人気は凄まじく、昨年10月~12月に発売された「VMAXスペシャルセット」、ハイクラスパック「シャイニースターV」、「SHINY BOX クロバットV」は品薄状態になり、運営が公式HPで「品薄のお詫び」をしたくらいでした。また、今回はプロモカードの「いちげきエースバーンVMAX」が強そうなので、このパックも人気になりそうです。入手したい方は、事前の予約をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました