【ポケカ】Vスタートデッキを改造しよう! ~ジュラルドンV 鋼デッキ編~

ポケモンカード

ポケモンカード初心者の悩み

ポケモンカード初心者:Vスタートデッキでしばらく遊んでみたから、そろそろデッキを改造してみたいな。でもどうやってデッキを改造したらいいんだろう?

この記事では、そんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • 2020年7月10日に発売したVスタートデッキの中で、おすすめデッキの1つである「Vスタートデッキ鋼 ジュラルドン」を使って、デッキ改造をしていきます。

初代ポケモンカード(旧裏面)をプレイし、子育て世代になってポケモンカードに復帰した筆者が、対戦→デッキ改良→対戦→デッキ改良・・・を繰り返しながら蓄積したノウハウを公開しています。

これからポケモンカードを始めようとしている方は、最初に買うべきカード、デッキ改造の具体的な方法がわかり、スムーズにポケモンカードライフをスタートできるようになります。

「Vスタートデッキ2個買い」のメリットとは?

Vスタートデッキとは?

「Vスタートデッキ」は、2020年7月10にに発売した550円(税込)でポケモンカードバトルがすぐに楽しめる構築済みデッキです。草・炎・水・雷・超・闘・悪・鋼・無色の9タイプがあり、これからポケモンカードを始めようとしている方に最適なデッキとなります。9タイプの中で、私がオススメするタイプとその理由は、別記事で詳しく説明しているので、良かったら参考にしてください。

なぜ、Vスタートデッキを2個買うと良いのか?

どんなデッキにも使える汎用カードが4枚手に入る

Vスタートデッキをベースにしてデッキを改造していく場合、まずオススメしたいのは、同じVスタートデッキを2個購入することです。「Vスタートデッキ2個買い」を進める一番の理由は、どんなデッキにも必要となる汎用カードが4枚ずつ手に入ることです。

Vスタートデッキを購入すると、どの9タイプを選んでも以下の16枚が共通して入っています。この中で、《ポケモンいれかえ》、《博士の研究》、《マリィ》はどんなデッキでも使われるカードですし、《スーパーボール》、《ポケモンキャッチャー》はポケモンカードを始めた当初は凄く重宝するカードです。これらのカードが2枚ずつだと枚数不足になるため、デッキに入れられる同一カードの最大枚数である4枚ずつをこの段階で入手しておくのがおすすめです。

看板ポケモンであるVポケモンが2枚になる

Vスタートデッキには、パッケージのデザインになっている看板ポケモンが、Vポケモンとして1枚ずつ封入されています。Vポケモンは、通常のポケモンと比べてHPが高く、強力なワザを使うことができるため、デッキの主力となるポケモンです。主力となるVポケモンが1枚だと、なかなか引けないこともありますし、倒されると後続が続かなくなるので、2枚あるとひとまず安心です。

ポケモンの種類を絞ることができる

Vスタートデッキには、各デッキ10種類近くのポケモンが封入されており、強いポケモンだけでなく弱いポケモンが混ざっています。Vスタートデッキを2個使った場合、弱いポケモンを強いポケモンに交換することで単純にパワーアップが可能です。また、進化ライン(たねポケモン、1進化ポケモン、2進化ポケモン)の組み合わせが複数あると、なかなか必要な進化カードが手札に揃わないという事態が起こりやすいので、ポケモンの種類、進化ラインの種類を減らすことでデッキが安定します。

「Vスタートデッキ鋼 ジュラルドン」を使ったデッキ改造

ここからは、「Vスタートデッキ鋼 ジュラルドン」を使って、デッキ改造を進めていきます。「Vスタートデッキ鋼 ジュラルドン」は別記事でも紹介しているように、Vスタートデッキの中でオススメしているデッキの一つです。

Vスタートデッキ鋼(デフォルト)

「Vスタートデッキ鋼 ジュラルドン」を購入すると、これら60枚が封入されています。

Vスタートデッキ鋼 2個買い ~合計費用:1100円(税込)~

「Vスタートデッキ鋼 ジュラルドン」を2箱使って作ったデッキがこちらになります。どのように改造していったか順を追って説明していきます。

デッキ一覧画像をクリックすると、ポケモンカードゲーム公式ホームページのデッキ構築画面に移動できます。

ポケモン

まずは、ポケモンからです。主力となる《ジュラルドンV》はノータイムで2枚確定です。Vポケモンは性能が高いので、迷わず2枚入れましょう。

次に、ワザ『ともだちをさがす』、『かみくだく』ともに優秀な《クチート》は4枚入れてみます。『ともだちをさがす』は、山札からポケモンを1枚選んで手札に加えることができます。たねポケモン、進化ポケモンのどちらでも持ってこれるため、《クチート》を序盤に使えると、どんどんベンチでポケモンを準備することができます。また、『かみくだく』はエネルギー2枚で40ダメージと威力は少なめですが、ワザの効果が優秀で、相手のバトルポケモンについているエネルギーを1枚トラッシュできます。エネルギーは1ターンに1枚しか付けられないので、相手のエネルギーをトラッシュできるのは相手の攻撃テンポを遅らせられるので強力です。

《メルタン》、《メルメタル》の進化ラインは、全体的にエネルギー効率が悪い(ワザに必要なエネルギーが多いのに、ダメージが低い)ので不採用です。

《ゾウドウ》、《ダイオウドウ》の進化ライン、《ココガラ》、《アオガラス》、《アーマーガア》の進化ラインどちらにするかは悩むところです。《ダイオウドウ》は1進化ポケモンにもかかわらず220ダメージも出せるワザ『ごうわんノーズ』が魅力的ですし、《アーマーガア》は弱点が雷タイプなので、弱点を分散できる点が魅力です。どちらでもいいとは思いますが、1進化ポケモンの方が安定しやすいので、《ダイオウドウ》の進化ラインを採用しました。

サポート

ドローサポート(山札からカードを引いてこれるサポートカード)は、デッキに10枚強は入れておきたいので、《博士の研究》、《マリィ》を4枚ずつ、《ローラースケーター》を2枚、《ホップ》を2枚採用しています。《ローラースケーター》は、手札を1枚トラッシュしないと使えないカードですが、《はがねエネルギー》をトラッシュすると4枚ドローできる点を評価して採用しました。トラッシュした《はがねエネルギー》は《メタルソーサー》で回収できるのでカード同士のかみ合わせもいいですね。

『ポケモンごっこ』は、どんなポケモンでも山札から1枚持ってこれるので強力ではあるのですが、1ターンに1回しかない貴重なサポート権(サポートカードを使う権利)を使ってしまうので、ドローサポートを優先することになります。ただし、Vスタートデッキには、ポケモンをサーチするカードが少なめということもあり、1枚だけ採用しておきます。

あと、Vスタートデッキ鋼には、《ポケモンセンターのお姉さん》という回復サポートが入っています。《ダイオウドウ》がワザ『ごうわんノーズ』を使うためには、自身にのっているダメカンを7個以下にする必要があるため、《ポケモンセンターのお姉さん》を1枚だけ入れておきます。

グッズ

《クイックボール》が入っているのが「Vスタートデッキ鋼 ジュラルドン」の魅力の一つです。《クイックボール》は非常に便利なカードなので、2枚とも投入です。使ってみると、このカードの便利さに気づくと思います。

ポケモンをサーチできるカードが少ないので、《スーパーボール》は4枚投入します。山札の上から7枚からしかサーチできないのですが、たねポケモン、進化ポケモンの両方をサーチできるので、ポケモンカードを始めた当初は重宝するカードです。

《ポケモンいれかえ》は、バトル場とベンチのポケモンを入れ替えることができるカードで、4枚投入でよいでしょう。ポケモンを入れ替える方法としては、エネルギーをトラッシュして「にげる」方法もありますが、1ターンに1枚しか付けられないエネルギーカードをトラッシュするのは、攻撃チャンスを減らすことに繋がるため、《ポケモンいれかえ》は活躍するカードです。また、「ねむり」、「マヒ」状態の場合、「にげる」ことはできないのですが、《ポケモンいれかえ》ならばポケモンを入れ替えることができるので非常に便利です。

《ポケモンキャッチャー》は、コインで表を出す必要がありますが、相手のベンチポケモンを強制的にバトル場に引きずり出せるので非常に強力なカードです。あと少しダメージを与えれば倒せる状態のポケモンに逃げられた後に、追撃してきっちり倒しきることができますし、準備の整っていない(エネルギーのついていない)ポケモンを引っ張り出すことで、相手に一方的に攻撃できるなど、様々な状況で使うことができます。実はサポートカードに、《ボスの指令》というカードがあり、サポート権を使う代わりにコイントスなしで同じ効果を得ることができるのですが、最初は《ポケモンキャッチャー》でいいかなと思います。《ボスの指令》は、再録されて値段は落ち着きましたが、それでも1000円弱はするので、本格的にカードを増やしていきたくなった段階で、《ボスの指令》を集めればいいかなと思います。

《メタルソーサー》が入っていることも、「Vスタートデッキ鋼 ジュラルドン」の魅力の一つです。トラッシュにある鋼エネルギーをベンチポケモンにつけることができます。このデッキはワザに必要なエネルギーが全体的に多く準備に時間がかかるため、エネルギー加速が可能なこのカードは必須となります。非常に強力なカードなので、2枚投入しておきましょう。

シングルカードを追加購入 ~合計費用:2390円(税込)~

「Vスタートデッキ鋼 ジュラルドン」を2箱使うことで、1箱の時からは大幅にデッキの質が高くなったのですが、「少し物足りない打点」、「VMAXポケモンへの耐性不足」、「ホップ、ローラースケーターのドロー枚数の少なさ」、「ワザに必要なエネルギーカードの多さ」が気になったので、シングルカードを追加して改良してみました。

デッキ一覧画像をクリックすると、ポケモンカードゲーム公式ホームページのデッキ構築画面に移動できます。

合計費用:2390円(税込)
 Vスタートデッキ鋼 550円×2個
 ザシアンV 220円×2枚
 ザマゼンタV 180円×1枚
 クイックボール 150円×2枚
 メタルソーサー 80円×2枚
 くちたけん 60円×1枚
 くちたたて 50円×1枚
 コルニの気合い 50円×2枚
*シングルカード価格は、駿河屋の公式HP販売価格(2021年3月15日時点)を参照しています。

《ザシアンV》で打点アップ

ワザの威力としては《ダイオウドウ》の『ごうわんノーズ』が220ダメージ、《ジュラルドン》の『ガトリングスラッグ』が鋼エネルギー3枚で130ダメージなので、TAG TEAMポケモンをワンパンできる威力がありませんでした。そこで、《ザシアンV》と《くちたけん》を追加しました。《くちたけん》を付けた《ザシアンV》だと260ダメージまで出すことができるようになり、TAG TEAMポケモンの中でも半分程度は射程圏内に入ってきます。シャイニースターVで再録されたことで《ザシアンV》のシングルカード価格がかなり下がったので、お手軽にデッキに入れられるようになりました。

VMAXポケモンに対抗できるように《ザマゼンタV》を採用

《ザシアンV》は非常に強いポケモンですが、HPが300以上あるVMAXポケモンを相手にするとさすがにしんどいので、対VMAXポケモン用に《ザマゼンタV》を採用しました。《ザマゼンタV》は特性「ふくつのたて」でVMAXポケモンからワザのダメージを受けないので、VMAXポケモン相手にも対抗することが可能となります。

《コルニの気合い》でドロー枚数を増加

Vスタートデッキ鋼に入っている《ホップ》、《ローラースケーター》は、山札から引ける枚数が3枚、4枚と少なめなので、《博士の研究》、《マリィ》と比べて少し物足りなさがあります。そこで、《コルニの気合い》を採用することにしました。《コルニの気合い》は手札が6枚となるようにドローすることができるため、デッキの周りを良くすることができます。

《メタルソーサー》を追加してエネルギー加速

《ジュラルドンV》の『ガトリングスラッグ』、《ザシアンV》の『ブレイブキャリバー』、《ザマゼンタV》の『アサルトタックル』がいずれも3エネ(エネルギー3つ)必要なワザで、《ダイオウドウ》の『ごうわんノーズ』にいたっては4エネですので、苦しい場面になるとエネルギー供給が追い付かなくなる場合が出てきます。そこで、《メタルソーサー》をさらに2枚採用することにしました。

あとがき

今回は、「Vスタートデッキ鋼 ジュラルドン」を使って、デッキ改造をしてみました。実際に、デッキ改造→対戦→さらにデッキ改造というのを繰り返しながら、デッキがブラッシュアップされていく流れを、少しはイメージいただけたかと思います。私が今回紹介したのは、あくまでも一例ですので、皆さんもぜひ自分ならではのデッキ改造を楽しんで貰えればと思います。

タイトルとURLをコピーしました