【ポケカ】拡張パック「白銀のランス」注目カード

ポケモンカード

本記事の内容

  • 拡張パック「白銀のランス」の注目カード紹介

2021年4月23日発売予定の拡張パック「白銀のランス」、「漆黒のガイスト」に収録されるカードの一部が公開されました。今回の拡張パックは、強力な「いちげき」のカード、「れんげき」のカードが新たに追加されており、楽しみな拡張パックになっています。発売前段階ですが、拡張パック「白銀のランス」の中で筆者が注目しているカードを紹介していきます。

初代ポケモンカード(旧裏面)をプレイし、子育て世代になってポケモンカードに復帰した筆者が、対戦→デッキ改良→対戦→デッキ改良・・・を繰り返しながら蓄積したノウハウをもとに、ポケモンカードに関する情報を公開しています。

拡張パック「白銀のランス」注目カード

ポケモン

はくばバドレックスVMAX

白銀のランスの看板VMAXポケモンで、環境上位に割り込んできそうなポケモン。

ワザ「ダイランス」は、2エネ(水水)で250ダメージを出せる点が強力。エネルギーをトラッシュする必要がありますが、今回登場するサポート《メロン》を使うことでエネルギー加速が出来るため、手札次第では次のターンも《ダイランス》を打つことが可能になります。

鋼弱点というのは三神ザシアン相手には辛いですが、炎タイプが猛威を振るっているため、環境の立ち位置としては悪くなさそうです。

はくばバドレックスV

《はくばバドレックスVMAX》の進化元となるポケモン。

HP210は標準レベル。ワザは1エネ(水)で出せる「つきさす」が40ダメージ、3エネ(水水無)で出せる「ブリザードランス」は2エネをトラッシュが必要ですが200ダメージを与えることが出来るため、進化元としては十分な性能だと思います。

トルネロスVMAX

無色タイプとしては初登場となる「いちげき」のVMAXポケモン。

4エネ(無無無無)ワザ「ダイフウジン」は場にスタジアムが出ていると240ダメージを与えて、場のスタジアムをトラッシュします。

「いちげき」のポケモンなので《一撃エネルギー》に対応しており、さらに無色タイプなので《パワフル無色エネルギー》にも対応しています。そのため、《一撃エネルギー》、《パワフル無色エネルギー》を合計4枚付けられると320ダメージとなり、VMAXポケモンをワンパンできる威力になります。さらに、エネルギーをトラッシュする必要もないため、次のターンも320ダメージを出すことができます。

闘デッキが強い環境になってきているので、闘環境というのも良く、環境入りできるか注目のカードです。

トルネロスV

《トルネロスVMAX》の進化元となるポケモン。

ワザ《ブラストハンマー》は4エネ(無無無無)180ダメージで、このポケモンについているエネルギーを1枚トラッシュします。《パワフル無色エネルギー》、《一撃エネルギー》を合計2枚つけてワザを出すとダメージが220となり、Vポケモンなら一撃で倒せる威力を出せます。

もう一つのワザは1エネ(無)で20ダメージ、場にスタジアムがあるなら40ダメージなので、準備が整っていない段階で少しだけダメージを与えておくというときに使いそうです。

進化元のカードとしてはこれくらいの性能で十分かなと思います。

サダイジャVMAX

耐久デッキと相性が良さそうなVMAXポケモン。

ワザ「サンドインパルス」は、1エネ(闘)で60ダメージかつ相手のベンチポケモン全員に20ダメージを与えられ、小回りが利きます。

また、ワザ「キョダイサイクロン」は、3エネ(闘闘無)180ダメージで威力は控えめですが、自分の場のポケモンについているエネルギーを好きなだけ選び好きなように付け替えることが出来ます。きぜつしそうなポケモンから、ダメージの少ないポケモンに、ワザを打った後にエネルギーを移動させられるので、エネルギーをロスすることなく戦えるようになります。《ストーン闘エネルギー》、《大きなおまもり》、《モミ》と組み合わせたいですね。

サダイジャV

《サダイジャVMAX》の進化元ポケモン。

特性「すなのぼうへき」はワザのダメージを「-30」する効果があるため、実質HPは250に相当します。倒されにくいので、VMAXの進化元としてはいい効果かなと思います。

《タフネスマント》、《ストーン闘エネルギー》をつけて、耐久に寄せたくなりますが、ワザ「ランドクラッシュ」が3エネ(闘闘無)140ダメージと控えめなので、このポケモンを軸にして戦うのは少し厳しそうな印象で、攻撃力を重視するなら強化拡張パック「VMAXライジング」に収録されている《サダイジャV》の方を使うことになると思います。

レパルダスV

ポケモン版《ツールスクラッパー》。「ポケモンのどうぐ」をトラッシュできるポケモンVがついに登場しました。

《ツールスクラッパー》との違いとしては、《クイックボール》、《ポケモン通信》などのボール系でサーチ出来ること。ゲーム終盤に、《ツールスクラッパー》で相手の《大きなおまもり》をはがせれば勝ちというような状況がありますが、《レパルダスV》だとボール系アイテムでサーチ出来るので、《ツールスクラッパー》よりも引きやすくなると思います。

特殊エネルギー

インパクトエネルギー

「いちげき」のポケモン専用の、ノーコストで使える《オーロラエネルギー》。「いちげき」のポケモン専用ですが、すべてのタイプのエネルギー1個分として働き、さらにはこのカードをつけているポケモンは「どく」にならなくなります。

現状、「いちげき」のVポケモンは《いちげきエネルギー》に対応しているポケモンばかりなので、現段階では《インパクトエネルギー》が必須になるデッキは少ない印象です。今後、悪、闘タイプ以外で「いちげき」のVポケモンが登場してくると、必要になってくるカードだと思います。

サポート

メロン

水タイプの躍進が期待できそうなサポートカードが登場しました。

自分のトラッシュから水エネルギーを1枚選び、自分の「ポケモンV」に付けることができ、その後山札を3枚引くことができます。炎エネルギーを2枚付けられる《溶接工》よりも付けられるエネルギーは1枚少ないですが、トラッシュから付けられる点が異なります。

今回登場する《はくばバドレックスVMAX》と相性のいいだけでなく、今後の水デッキでは基本的に採用されるカードになっていくと思います。

グッズ

サバイバルセット

デッキボトムを操作できるカードがソードシールド環境にも登場。山札の下から3枚を見て、好きな順番に入れ替えて山札の上に戻すことができます。

特性「さるぢえ」の《ヤレユータン》と組み合わせることで、デッキボトムのカードを手札に加えることができるようになるので、セキタンザンVMAXデッキに《スマホロトム》の代用として入れられるなと思いました。

今回のシリーズに登場するトレーナーズ全体的に思いますが、クセが強めのカードが多く、特定の状況では強く使えますが、使える場面が限定的なので、デッキに入れるとなるとなかなか難しいですね。

いかついメット

バトル場にいるときに相手のポケモンからワザのダメージを受けると、ワザを使ったポケモンについているエネルギーを1個選び相手の手札に戻すことができるポケモンのどうぐ。

《インテレオンVMAX》に《いかついメット》をつけて、ワザ「ハイドロスナイプ」を連打すれば、相手は毎ターンエネルギーを2枚はがされるので、相手の動きをかなり止めることができそうです。

スタジアム

頂への雪道

とんでもなく強力なスタジアムが登場。「ルールを持つポケモン」の特性がすべてなくなります。

現状、《デデンネGX》、《クロバットV》の特性を使ってゲーム序盤に大量ドローすることで必要なカードを集めるデッキが多いため、《頂への雪道》の登場により序盤のデッキ展開に失敗する可能性が高くなるのではないかと思います。

今後のデッキ構築に大きな影響を与えるカードで、ゲームバランスが崩れないか心配です。

あとがき

今回は、2021年4月23日発売予定の「拡張パック 白銀のランス」に収録される注目カードを紹介しました。最近のポケモンカード人気は凄まじく、昨年10月~12月に発売された「VMAXスペシャルセット」、ハイクラスパック「シャイニースターV」、「SHINY BOX クロバットV」は品薄状態になり、運営が公式HPで「品薄のお詫び」をしたくらいでした。入手したい方は、事前の予約をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました