ポケモンカード 蒼空ストリーム(箱買い)開封結果を紹介

ポケモンカード

本記事の内容

  • 「拡張パック 蒼空ストリーム」の開封結果

この記事では、実際に「拡張パック 蒼空ストリーム」のボックスを購入した筆者が、開封結果を紹介します。

1ボックス(5枚入り30パック)の封入傾向

拡張パックを1ボックス(5枚入り30パック)まとめて購入した場合、以下の傾向が見られます。

  • 今回は、SR以上が確定ではないようです。こっそり改悪されています。
  • 30パックのうち、半分の15パックはR以上が1枚封入されている。
  • 1パックの5枚の構成は、[U以上], [U], [C], [C], [C]。

文章で書いてもイメージしにくいかもしれませんが、R以上が15枚、Uが45枚、Cが90枚となります。

開封結果:「拡張パック 蒼空ストリーム」(2021/7/9)

さっそく、「拡張パック 蒼空ストリーム」の開封結果を発表します。

  • HR:1枚
  • RRR:2枚
  • RR:4枚
  • R:8枚
  • U:45枚(ポケモン25枚、サポート2枚、グッズ14枚、スタジアム2枚、特殊エネルギー2枚)
  • C:90枚(ポケモン84、サポート6枚)

シールド戦ができるように、Cのサポートが多めに封入されているようです。

HR

今回のHR以上枠は、《スクールボーイ》のHRでした。。。

RRR, RR, R

レックウザVMAX、Vが引けるかどうかというパックなのですが、両方とも入っていました。チャーレムVも入っていましたし、RRR、RR、Rとしては十分ですね。

*基本フェアリ―エネルギーカードは枚数調整のために表示しており、今回の拡張パックには封入されません。

U, C(ポケモン以外)

Cのサポートは3枚ずつ入っており、Uのグッズ、サポート、スタジアム、特殊エネルギーが2枚ずつ入っていました。今回のサポート、グッズはシールド戦を意識しており、奇抜なカードが多いので、揃えたいとは思いませんが、2箱購入すればだいたい一通りは揃う設定になっているようです。スタジアムの《嵐の山脈》は今後使っていくカードになりますので2枚入っていて安心です。ちなみに、《モココ》はちゃんと2枚入っていました。

*基本フェアリ―エネルギーカードは枚数調整のために表示しており、今回の拡張パックには封入されません。
*ポケモンカードを最低一匹組み込む必要があるため、便宜上、今回封入された《ヨワシ》を表示しています。

シールド戦を意識して左右の封入差を確認

公式の発表では、「蒼空ストリーム」はシールド戦ができるって書いてあるんですけど、左15パック、右15パックで分けたときに、VとVMAXがバラバラになってるんですよね。本当にシールド戦できるのかこれ…

左15パック

レックウザVMAXがありますが、Vは反対側(右側)でした。

右15パック

レックウザVはありますが、VMAXは反対側(左側)でした。

あとがき

今回は、2021年7月9日に発売された「拡張パック 蒼空ストリーム」の箱買い開封結果を紹介しました。ポケモンセンターオンラインで幸運にも抽選が当たったので1箱購入できましたが、その他の抽選予約は落選となり、2箱目をゲットすべく当日販売を探してみましたが見つけられませんでした。予約段階で完売のようです。最近のポケモンカード人気が凄いのは嬉しいことですが、品薄状態が慢性化しているだけでなく、どんどん深刻になっているように感じます。インターネットでは、定価以上の価格で売っているところも多いので、注意が必要です。1ボックス4950円(税込)が定価ですので、適正価格で購入されることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました