【ポケカ初心者必見】おすすめ汎用カード 2022年1月版

ポケモンカード

ポケモンカード初心者の悩み

ポケモンカード初心者:「Vスタートデッキを購入してプレイしてるけど、そろそろデッキを強化したいな。でも、どんなカードをデッキに加えればいいんだろう?」

この記事では、そんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • おすすめ汎用カード:ポケモン
  • おすすめ汎用カード:サポート
  • おすすめ汎用カード:グッズ(ボール系)
  • おすすめ汎用カード:グッズ(いれかえ系)
  • おすすめ汎用カード:グッズ(妨害系)
  • おすすめ汎用カード:グッズ(その他)
  • おすすめ汎用カード:スタジアム

初代ポケモンカード(旧裏面)をプレイし、子育て世代になってポケモンカードに復帰した筆者が、対戦→デッキ改良→対戦→デッキ改良・・・を繰り返しながら蓄積したノウハウを公開しています。
ぜひデッキに入れたい汎用的なカードを紹介していますので、ポケモンカードを始めたばかりのあなたも、すぐにデッキを組めるようになります。

*2022年1月14日からスタンダードレギュレーションに変更があり、エキスパンションマーク「C」のカードが使えなくなります。そのため、「D」、「E」、「F」のカードを紹介しています。

まずは手に入れたいおすすめ汎用カード

おすすめ汎用カード:ポケモン

クロバットV

クロバットV

特性『ナイトアセット』が超優秀な汎用カード。手札からベンチに出た時、手札が6枚になるようにカードを引く効果を持っています。

《デデンネGX》とは違い、手札をトラッシュしないため、6枚ドローするという状況は少なく、新たに追加できるカードは《デデンネGX》よりも少ないですが、捨てたくない手札をキープできる点が強力です。進化ポケモンが多いデッキ、複数枚のカードでコンボを行うデッキでは重宝されるでしょう。

HPも「180」ですので、《デデンネGX》よりも耐久力がアップしており、《ピカチュウ&ゼクロムGX》の『タッグボルトGX』をベンチで耐えられます。

created by Rinker
ポケモンカードゲーム
¥480(2022/01/20 02:41:52時点 Amazon調べ-詳細)

メッソン&ジメレオン&インテレオン&インテレオン

特性「うらこうさく」が強力なシステムポケモン。

《メッソン》のワザ「どんどんよぶ」を使って《メッソン》をベンチに展開し、《ジメレオン》に進化したタイミングで特性「うらこうさく」を使用して好きなトレーナーズを持ってきます。環境に多く存在する《頂への雪道》に影響されないのが人気の理由です。

《ジメレオン》は2種類の《インテレオン》に進化することができ、進化したタイミングでトレーナーズを2枚持ってこれる「うらこうさく」、毎ターン相手のポケモンにダメカン2個をのせられる「クイックシューター」から選ぶことが可能です。

メッソン4枚、ジメレオン4枚、 インテレオン(うらこうさく)1枚、 インテレオン(クイックシューター)3枚という採用枚数が気に入っています。

created by Rinker
ポケモンカードゲーム
¥850(2022/01/20 22:00:55時点 Amazon調べ-詳細)

ヤレユータン

ヤレユータン

特性「さるぢえ」が便利な汎用ポケモン。自分の手札1枚を山札の上のカードと入れ替えることが出来ます。

《博士の研究》、《デデンネGX》の特性「デデチェンジ」で山札をドローするときに、手札の捨てたくないカードを特性「さるぢえ」で山札の上に避難させられます。

以前は、セキタンザンVMAXなどと相性が良かったのでよく使われていましたが、最近は使われるデッキが少し減った印象です。

おすすめ汎用カード:サポート

博士の研究

博士の研究

手札を7枚まで増やすことができる、強力なドロー系「サポート」。

手札が多いことは、自分の番でできる選択肢が多いことを意味します。また、デッキの回転が良くなるため、デッキに2~4枚入れておきたいカードです。

ソードシールドシリーズのどの市販デッキにも封入されているので、1枚ずつ集めるというよりは、スターターセットVMAXカメックス、スターターセットVMAXフシギバナ、Vスタートデッキ、ハイクラスデッキ ゲンガーVMAX、ハイクラスデッキ インテレオンVMAXで集めるのがいいと思います。

マリィ

マリィ

自分がドローしつつ、相手を妨害できるカード。

「手札を山札にもどして切る。」というカードが多い中で、《マリィ》は「手札を切ってから山札の一番下に戻す。」という特殊なカードです。そのため、相手に同じカードを引かれてしまう確率が少なくなり、妨害性能が非常に高くなっています。手軽な妨害手段かつドローソースとして活躍してくれるでしょう。

ソードシールドシリーズのどの市販デッキにも封入されているので、1枚ずつ集めるというよりは、スターターセットVMAXカメックス、スターターセットVMAXフシギバナ、Vスタートデッキ、ハイクラスデッキ ゲンガーVMAX、ハイクラスデッキ インテレオンVMAXで集めるのがいいと思います。

ボスの指令

ボスの指令

相手のベンチポケモンをバトル場に引きずり出せる非常に強力な「サポート」。

ダメージカウンターが乗った状態で逃げられたベンチポケモンを倒しきるだけでなく、特性を使った後でベンチに残っている《デデンネGX》、《クロバットV》、《ワタシラガV》などを倒してサイドカード枚数を稼ぐといった使い方ができます。

ボスの指令を引けるかどうかで最後の最後に勝負が決まるという場面が頻繁に出てくるくらい、勝負を分ける重要なカードです。

おすすめ汎用カード:グッズ(ボール系)

クイックボール

クイックボール

ポケモンのサーチ系カード。

手札1枚をトラッシュすることで、「たねポケモン」を1枚持ってこられるため、あらゆるデッキに4枚搭載したくなる優秀なカードです。

「シャイニースターV」が発売されて、シングルカード価格も下がり入手しやすくなりましたので、シングルカードとして購入してもいいですし、スターターセットVMAXカメックス、スターターセットVMAXフシギバナを購入して一気に4枚集めてもいいかなと思います。

レベルボール

HPが90以下のポケモンをノーコストで山札から持ってこれる非常に便利なボール系カード。

クイックボール以外で、ポケモンを安定してサーチできるボール系カードが少なかったのですが、《レベルボール》の登場により、色々なデッキで安定した動きが可能となります。

たねポケモン、進化ポケモンのどちらにも対応しているので、《メッソン》&《ジメレオン》、《ユキハミ》&《モスノウ》、《チラーミィ》&《チラチーノ》など、HPの低いシステムポケモンを持ってこれるので非常に便利です。

「いつでもどこでもファミリーポケモンカードゲーム」には4枚収録されているので、デザインが少し異なりますが、お得だと思います。

ハイパーボール

ポケモン通信

ポケモンのサーチ系カード。
手札を2枚捨てる必要がありますが、ポケモンを1枚持ってくることが出来ます。

どんなポケモンでも持ってこられる点が優れていますが、便利な分だけ手札コストがかかってしまうというデメリットがあります。

手札が減ってしまうので、デッキに2~3枚程度に抑えることが多いですが、ミュウVMAXデッキのように手札補充がしやすいデッキの場合は4枚投入することが可能です。とにかく便利で強力なカードなので、4枚揃えておくことをおすすめします。

スタートデッキ100には2枚必ず封入されているので、スタートデッキ100を購入するのがいいと思います。定価は790円(税込)ですので、適正価格で購入されることをおすすめします。

created by Rinker
ポケモン(Pokemon)
¥1,440(2022/01/20 07:39:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ポケモンカードゲーム
¥1(2022/01/20 07:39:21時点 Amazon調べ-詳細)

しんかのおこう

「進化ポケモン」用のポケモンのサーチ系カード。

登場した当初は、TAG TEAMポケモン環境だったこともあり、あまり使われていませんでしたが、VMAX環境になってきたので、このカードを採用するデッキが増えてきた印象です。

たねポケモンが場に出ていない状態で手元にあっても意味がないので、《ポケモン通信》2枚、《しんかのおこう》2枚というように、《ポケモン通信》とあわせて採用するデッキが多い印象です。

created by Rinker
ポケモンカードゲーム
¥396(2022/01/20 16:59:05時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ汎用カード:グッズ(いれかえ系)

ポケモンいれかえ

ポケモンいれかえ

自分のバトルポケモンとベンチポケモンを入れ替えるカード。

ポケモンカードにおける「にげる」は原則エネルギーを支払うことが必要で、1ターンに1度しか行うことが出来ません。しかし、《ポケモンいれかえ》はカード1枚でエネルギーを支払わずにポケモンのいれかえを行うことが出来ます。様々な場面で使用することが出来るため、複数枚積んでいるデッキが多いですね。

ソードシールドシリーズのどの市販デッキにも封入されているので、1枚ずつ集めるというよりは、スターターセットVMAXカメックス、スターターセットVMAXフシギバナ、Vスタートデッキ、いつでもどこでもファミリーポケモンカードゲームなど市販デッキで集めるのがいいと思います。

あなぬけのヒモ

あなぬけのヒモ

両プレイヤーのバトルポケモンとベンチポケモンを入れ替えられるカード。《フィオネ》と《ポケモンいれかえ》の効果をこの一枚で発揮できるという強力なカードです。

相手のバトル場に出すポケモンをこちらが選ぶことはできませんが、相手のベンチポケモンが1枚の場合は実質《ボスの指令》ですし、相手の壁ポケモンをどかすときにも有効です。

常にこのカードを意識しながらプレイングする必要が出てくるので、エキスパンションマーク「E」環境になってプレイ難易度が上がりますね。

ふうせん

ふうせん

「にげる」ためのエネルギーが2個ぶん少なくなるカード。

「ポケモンのどうぐ」なので、何回も効果を発揮する点が優れています。

おすすめ汎用カード:グッズ(妨害系)

うねりの扇

相手の特殊エネルギーをはがせる妨害カード。

このカードが登場した当初は、結構話題になった割には意外と使われなかったのですが、《ミュウVMAX》対策でここのところ使用率が急上昇した印象です。

序盤に使えると相手のテンポを遅らせることができるので、《ジメレオン》の特性「うらこうさく」、《オクタン》の特性「れんげきサーチ」、サポートカード《ピオニー》など確定でこのカードを序盤に持ってこれると強力だと思います。

おすすめ汎用カード:グッズ(その他)

大きなおまもり

大きなおまもり

ポケモンの最大HPが「30」大きくなる「ポケモンのどうぐ」。

《タフネスマント》は最大HPが「50」アップしますが、たねポケモン(GXポケモンをのぞく)専用のため、デッキによって《大きなおまもり》と使い分けることになります。

たった「30」に思えますが、これによってギリギリ相手の攻撃を耐えきるケースも多く、1枚は入れておきたいカードです。

created by Rinker
ポケモンカードゲーム
¥743(2022/01/20 12:09:32時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ汎用カード:スタジアム

あとがき

今回紹介したカードは、様々なデッキに使われるため、デッキを組むためのカードを増やしていきたい人が優先して集めておいた方が良いカードになります。それぞれのカードを一枚ずつ購入してもいいのですが、サポートカード(博士の研究、マリィ、ボスの指令)はデッキでまとめて購入した方がお得です。

「じゃあ、どのデッキを買えばいいの?」と疑問に思われるかもしれませんが、私の一押しのデッキは、ハイクラスデッキゲンガーVMAX(税込2700円)です。デッキには、博士の研究:4枚、マリィ:4枚、ボスの指令:2枚、クイックボール:4枚、しんかのおこう:3枚、ポケモンいれかえ:2枚が入っているので、このデッキをベースにして、カードを集めていくのが良いと思います。さらに、ゲンガーVMAX:2枚ゲンガーV:2枚、ヘルガー:3枚、デルビル:3枚、クロバットV:1枚、いちげきエネルギー:4枚などが入っており、いちげきデッキに必要なカードも目白押しです。ゲンガーVMAXデッキを1箱購入して、足りないカードはシングル購入すれば、かなりの低予算で環境上位デッキを組むことができるようになりますね。

タイトルとURLをコピーしました